長期的に見た勝率を重視

80%

スポーツブックメーカーで儲けたいと思うのであれば、短期的な目線ではなく長期的な目線で勝率を考えることが大切です。

つまり、実際にその試合でどちらのチームが勝つのかということではなく、長い期間その賭けをした場合に収支をプラスにすることが出来るのかどうかということが問題となってくるのです。

1.1倍のオッズがつくような大本命というのは、ほとんどの場合順当な結果になりますから非常に手堅い勝負のように思えます。しかし、実際にはそのような低倍率の大本命であっても勝率は8割程度ということは珍しくありません。

人間の感覚で言えば、8割も勝っていれば全勝に近い感じとなりますが1.1倍のオッズで8割しか勝てないのであれば長期的には損な賭けということになってしまいます。

1.1倍のオッズであれば9割勝ってもトントンの収支しか残すことができませんから、大本命に賭けて勝つのであれば9割近い的中率を残すか、あるいはもう少しオッズが美味しいタイミングで買う必要があります。

ブックメーカーで勝つためには、その賭けの結果だけを予想するのではなく長い目で見て、本当にその選択に賭け続けた時に勝つことが出来るのかということを考えて賭けることが大事なのです。